必要な機能が搭載されているか

人材管理システムのパッケージは数多くあり、どれを導入すべきか悩んでしまいます。まずは、各パッケージにどんな特徴があるかを中心に確認すると良いです。パッケージによっては資料請求ができたり、オンラインデモを実施してくれるものもあります。候補として考えられるものであれば、これらを積極的に活用するのも良い方法です。また、人材管理システムを導入するにあたり、何をしたいかを明確にすることはとても重要です。一つに絞る必要はなく、複数あるのであればあるだけピックアップしておきます。そして、各パッケージでそのことが実現できるかどうかをチェックしていきます。実現できないのであれば候補から外すことにより、絞り込みが行えます。

一つのパッケージに絞れない時は

複数のパッケージに絞り込めても最終的に一つに絞りきれないことはよくあります。その場合、各パッケージをスコアリングして比較する方法があります。まずは、機能の有無や使い勝手などの評価項目を洗い出します。ここではセキュリティ面・サポートの良さ・利用できる機器の多さなど必要に応じて幅広く洗い出すと良いです。洗い出した評価項目には重みづけを行います。最後に各パッケージを評価項目ごとに採点していき、トータルスコアを求めていきます。評価項目は重みづけされているので、重要な評価項目ほど高いスコアにつながるようになっています。こうして求められたトータルスコアを比較することにより、各パッケージの優劣が数値として比較できるようになります。