業務の見直しやシステム使用方法を工夫する必要あり

自社の運用にフィットする人材管理システムのパッケージを選んだつもりでも、自社の運用とのギャップはどうしても発生してしまいます。そんな時には、システムにあわせて業務の見直しを検討する必要があります。場合によっては、余分な業務が増えてしまったり、煩雑な運用を強いられるなどのデメリットになることもあります。また、パッケージには要望する機能がすべて搭載されているとは限りません。不足した機能を補うため、ここでも業務の見直しを考える必要があります。他にも実装されている機能をうまく利用して、不足した機能を補う方法も考えられます。このように、パッケージ導入においては、いかにギャップを埋めるかがポイントになります。

不足した機能はカスタマイズで開発

自社の運用やシステムの使用方法をどんなに工夫しても、どうしても埋められないギャップが残ってしまうことがあります。そんな時には、不足した機能を追加することを検討する必要があります。パッケージによってはこのようなカスタマイズでの追加機能について相談できるものもあります。しかし、カスタマイズでの開発費用は、パッケージ費用と比較すると割高であることが一般的です。費用を抑えるためにパッケージ導入を決めた場合、このことは大きなデメリットと言えます。また、カスタマイズで開発した機能は、バージョンアップの時に足かせとなります。パッケージのバージョンアップにあわせて、カスタマイズで開発した部分も必要に応じて修正の必要があり、ここでも追加費用が発生してしまいます。